蓄電システム

閉じる

屋外設置タイプ

6.6kWhタイプ

東芝製

電池種類 リチウムイオン蓄電池
蓄電容量 6.6kWh
  • 本体側面に電線管が接続されます。
  • ロゴデザインは変更となる場合があります。

12.0kWhタイプ

ニチコン製

電池種類 リチウムイオン蓄電池
蓄電容量 12.0kWh
  • 本体側面に電線管および入線用ボックスが付属します。
  • ロゴデザインは変更となる場合があります。

屋内設置(コンパクト)タイプ

5.0kWhタイプ

東芝製

電池種類 リチウムイオン蓄電池
蓄電容量 5.0kWh
  • 別途屋外にパワーコンディショナーが設置されます。
  • パワーコンディショナーは太陽光発電と蓄電池のハイブリッド仕様となります。
  • 階段下収納設置の仕様もございます。
  • ロゴデザインは変更となる場合があります。

12.0kWhタイプ

京セラ製

電池種類 リチウムイオン蓄電池
蓄電容量 12.0kWh
  • 別途屋外にパワーコンディショナーが設置されます。
  • パワーコンディショナーは太陽光発電と蓄電池のハイブリッド仕様となります。
  • 階段下収納設置の仕様もございます。
  • 収納扉を外して撮影しています。
  • ロゴデザインは変更となる場合があります。

蓄電容量について

  1. [1]蓄電容量は、単電池(セル)の蓄電容量合計を示します。使用開始時に、実際に使用できる充放電量は、製品タイプにより異なりますが、
    概ね蓄電池容量の80%前後が目安となります。
    • 製品タイプにより「パワーコンディショナーの変換ロス」「耐久性向上の為の蓄電池使用量の制限」等が異なる為
  2. [2]蓄電池は経年により、蓄電容量が徐々に減少します。但し、製品タイプや、充放電の頻度・使用環境(温度等)などにより、減少の仕方は異なります。
    • 毎年、継続的に減少する場合、使用開始当初の減少はやや大きいものの、その後は減少しにくくなる場合等
  3. [3]蓄電池には、生命に関わる機器(医療機器)などやエレベーターなど、途中で電源が切れると困る電気製品には接続しないでください。
  4. [4]電力会社との取り決めにより、蓄電池は放電中に常時微量電力を買電しています。太陽光発電システムと異なり、送電線への逆潮流はさせない決まりとなっています。

各蓄電池の型番及び
接続可能なHEMS型番

閉じる