Safety

安心·安全に暮らす減災のまちづくり

「減災のまちづくり」
取り組みの背景

東日本大震災や熊本地震など大きな地震を経験した私たちは、災害への意識を強く持つようになりました。
セキスイハイムでは、これから分譲地に暮らす方々の不安を払拭できるよう、「減災」の第一人者である関西大学河田教授の監修のもと、研究ノウハウを活かした「減災力」を高める要素を盛り込み、自然災害に対してより高度な安心・安全をご提供するまちづくりを推進しています。

そもそも減災とは?

被害を想定した上で、
最小限に抑える取り組みのこと

これまで言われてきた「防災」は、被害をゼロにするための取り組みでした。しかし数々の震災を経験する中で、被害ゼロの対策から、発生する被害を最小限に抑えるという「減災」の考えが検討されるようになりました。

減災は、自分自身の身を守る&
助け合いが重要

災害が起こると行政による「公助」が大きく目立ちますが、それを待っているだけでは、被害を抑えることはできません。
減災は、目の前の被害からまず自らの身を守る「自助」が不可欠です。さらに住民がみんなで守る、お互いに助け合う「共助」が、被害を軽減する上で重要なのです。

個人、地域、行政が
それぞれ助け合うことで「減災社会」に。

セキスイハイムの
減災への取り組み

まち全体で「減災」に配慮

セキスイハイム独自の「減災指針」をベースに、コミュニティを形成しやすい配慮や災害時に役立つ設備を整え、助け合いを促します。

導入する設備は、分譲地ごとに異なります。詳細は、各販売会社にお問い合わせください。

かまどベンチ

普段は公園のベンチとして、災害時には座面を取り外して炊き出しに使える「かまどベンチ」。温かい食べ物を作ったり、暖をとるのにも活躍します。

避難場所にもなる公園

普段は、分譲地で暮らす方々のコミュニケーションの場。自治会活動による消火訓練や炊き出し訓練など防災拠点の役割も担います。

各住戸に雨水貯留タンク

水源確保のための防災井戸

ソーラー照明灯

建物内部の安全性にも配慮

工場生産によるセキスイハイムの強靭なユニット構造体は、品確法(住宅性能表示制度)で、最高等級の耐震性能(耐震等級3-3-2)を標準仕様で有しています。
また構造の強さだけでなく、建物内部の建材や建具の地震対策も強化しています。引き戸は外れにくい「上吊り」仕様に統一し、腰高より上にある収納開き扉には耐震ラッチを標準装備。開口サッシは、脱落防止の耐震ブロックを採用しています。
建材や建具などで、ケガなく安全に避難できるよう配慮しました。

停電時でも電力供給

スマートハイム仕様の分譲地には蓄電池が搭載され、太陽光発電システムで発電した電気を貯めることが可能です。停電が起きても、貯めておいた電気を非常電源として活用できます。
熊本地震発生後には、「ご飯が炊けた」「テレビを観ることができ重要な情報源になった」「携帯の充電に役立った」など、ご入居のオーナーさまに高い評価を得ることができました。
分譲地で暮らす方々が通常の生活を維持して頂く「自助」を手助けし、安心して暮らすことができます。

蓄電池の搭載は各分譲地の仕様によって異なります。

減災のまちづくり監修河田惠昭教授プロフィール

京都大学名誉教授、関西大学特別任命教授。災害時において被害の最小限化を目指す「減災」の取り組みの第一人者。日本災害情報学会長や中央防災会議・防災対策実行会議委員も務める。

全国の分譲地・
分譲住宅(建売)情報

クリックタップしていただくと、そのエリア独自の分譲情報をご覧いただけます。

お近くの分譲地検索