分譲地とは?
分譲住宅(建売)とは?

分譲地とは?

「分譲地」は、
区画整理された土地のみを販売

住宅を建てるために造成した土地を「宅地」、区画整理していくつかに分けて販売される土地を「分譲地」と呼びます。基本的には、地盤調査が済んでおり、生活に欠かせない上下水道・ガスなどのインフラが整っています。
土地のみの販売なので、購入後に住宅を建てることになりますが、指定の住宅メーカーや施工会社に発注することを条件に販売される場合(建築条件付き)や、周辺との景観統一の理由から外観や階数が制限される場合などもあります。

宅地
の場合
分譲地
の場合

宅地と分譲地、どっちがいいの?

宅地
の場合

宅地は、土地の状態によって
追加費用が発生することも

良い点
  • 分譲地に比べ価格が安く、価格交渉が可能な場合も。
  • 近所に、どんな人が住んでいるのかなど近隣環境がわかりやすい。
気をつけたいところ
  • 地盤改良工事が必要な場合がある。
  • 電気や上下水道などのインフラが整備されていない場合がある。
  • 古家が残っている場合、取り壊し費用が必要。
    また、地中埋設物により追加撤去費用がかかることも。
  • 土地に面した道路の幅員が狭い場合、セットバックが必要。
  • 土地の購入時に、仲介手数料を取られる場合がほとんど。
分譲地
の場合

分譲地は、きちんと整備されているので
安心感がある

良い点
  • 地盤調査や改良工事が済んでいる。
  • 上下水道などのインフラが整っている。
  • まちなみがきれいで統一感がある。
  • 道路が広く、整備されている。
  • 同年代の世帯が集まりやすい。
気をつけたいところ
  • 建築条件が付いている場合がほとんど。

分譲住宅(建売住宅)とは?

「分譲(建売)住宅」は、
土地+建物を販売

区画整理された分譲地と、そこに建てられた住宅を併せて販売されるのが「分譲住宅」です。「建売住宅」と呼ばれることもあります。
不動産会社や住宅メーカー、デベロッパーなどが、街区の景観を統一化して売り出すケースが多く見られます。建築途中や建築前の場合もありますが、完成する建物の外観・仕様などは決定済みです。

注文住宅
の場合
分譲住宅
の場合

注文住宅と分譲住宅、どっちがいいの?

注文住宅
の場合

「こだわりが強い」なら、
自由度が高い注文住宅がおすすめ

良い点
  • 外観も内装もこだわりをすべて取り入れた、自分の「理想の家」を建てられる。
  • 建築中に状況を確認できる。
  • 好みの業者(設計・施工会社など)を選べる。
気をつけたいところ
  • こだわりをすべて反映すると費用が高くなる。
  • 完成までに時間がかかる。
  • 仕様や部材選びに時間と手間がかかる。
分譲住宅
の場合

「実物を見ながら選びたい、コストを抑えたい」
なら分譲住宅がおすすめ

良い点
  • 土地と建物がセットで、価格が明瞭。
  • 同金額なら注文住宅で建てるより、ハイグレードな仕様の住宅に住める。
  • 実際の建物が見られるので、生活のイメージがしやすい。
  • すぐに住み始められる。
  • コンセプトに基づいた、使い勝手の良い住まいが多い。
気をつけたいところ
  • 外観や内装、間取りなどが決まっている。
  • 外観に影響する増改築が自由にできない場合がある。

住宅メーカー
(ハウスメーカー)の分譲地・
分譲住宅を選ぶメリット

手数料がかからない

不動産会社を通じて土地や分譲住宅を購入した場合、一般的に仲介手数料がかかりますが、住宅メーカーが販売する分譲地・分譲住宅だと、仲介手数料がかかりません。
仲介手数料は通常3%ですが購入額が大きい住宅の場合、数十万~100万円単位になることも。住宅メーカーで建てる方が費用が抑えられ、賢く購入できます。

保証・アフターサービスが万全

住宅に何年も住み続ければ、設備の故障など何かしらの不具合が生じます。住宅メーカーの場合、長期間にわたる保証やさまざまな手厚いアフターサービスを設けています。
また、「間取りを変更したい」「リフォームしたい」といった時にも、アフターサービス部門がしっかりと対応してくれます。

トレンドやテーマ性を取り入れ
暮らし方まで提案

住宅メーカーは、美しいまちなみを考えたプランニングはもちろん、最新の設備を標準搭載したり、ブランドテーマを明確にしたり、さまざまなタイプの分譲地を用意。注文住宅の実績やノウハウを活かして、子育てしやすい間取りや片づけやすい収納など気配りが行き届いたプランで、長く快適に暮らせます。

売却する場合、
納得できる適性な評価が受けられます

中古住宅として売却する場合、一般的な査定だと築20年ほどまでしか価値を認められない場合がほとんどです。しかし、優良ストック住宅推進協議会に属している住宅メーカーが建築した建物だと、建物価値を正しく評価できる専門家が構造躯体と内装·設備を分けて査定し、土地と建物を分けて価格表示しますので、適性な評価が受けられます。

優良ストック住宅推進協議会、会員各社(住宅メーカー10社)が、これまで供給してきた建物のうち(1)住宅履歴(2)長期点検メンテナンスプログラム(3)耐震性能の条件を満たすものを「スムストック」と言います。詳細については、こちらをご覧ください。

全国の分譲地・
分譲住宅(建売)情報

クリックタップしていただくと、そのエリア独自の分譲情報をご覧いただけます。

お近くの分譲地検索