プラン(間取り)づくりのコツ 理想の暮らしを実現するために、建てたい家のイメージをまとめ、プランを確認するポイントをご紹介

イメージを上手に伝えましょう

プラン(間取り)図面は住まいのプロが制作します。大切なのは、自分たちの要望を正しく伝えること具現化したとき「思っていたのと違う!」という事態を避けるため、要望の整理方法とイメージの伝え方をご紹介します。

ポイント1 要望には、必ず目的を書き添えること

「吹抜けのリビングがいいな」と思った場合、"吹抜けがほしい"とだけ伝えるのではなく、「家族が集まる場所は、開放的でゆっくりすごせるようにしたいから」という理由(目的)も伝えることが大事です。もしかすると、あなたのご家族の目的を叶えるのは、吹抜けではない方法があるかもしれません。

開放感はプランニング次第でいろいろ演出できる

吹抜けで縦にひろびろ

弓形のボウウインドウで明るさとゆとりをプラス

間仕切りをなくして大空間に

現状の不満点やみんなの希望を聞いて"わが家の要望"を書きだそう

家族から出てくる、いろいろな要望に対して、優先順位を決めましょう。パパのこだわり、ママがどうしても譲れないところ‥など家族それぞれの優先度合いと、「絶対採用したいのはコレ!」というところを決めておくと、プロからの提案も、的確で有意義なものが得られるはずです。

ポイント2 できるだけ写真なども添える

言葉だけでは、人によって連想するイメージが違ってきます。

写真があればイメージを共有しやすく、似たテイストも紹介してもらいやすくなります。

「ナチュラル」と聞いて、連想できるものは人それぞれ

ホワイトがベースのテイスト

木質感がベースのテイスト

タイルなど自然素材がベースのテイスト

イメージ写真はカタログや雑誌、WEBサイトで探そう

「動き」と「目線」からイメージしましょう

要望を伝えた後、プラン(間取り)提案されても、良し悪しの判断はつきにくいもの。

自分たちの要望が反映されていることを確認するのはもちろんですが、生活しやすい間取りかどうか確認してみることをお勧めします。

ポイント1 生活の動きを間取りに書き込む

平面図だけを見て、生活シーンをイメージするのは困難です。まず、生活を思い浮かべながら図面に室内での動き(=動線)を書いてみましょう。この時、家族の生活と来客時の2つの動きをそれぞれ書くと、より生活シーンのイメージが膨らみやすくなります。

家族の生活動線

お客様の来客動線

ポイント2 目線を書き込む

実際に暮らしたとき、目線がどう"抜ける"かも確認しましょう。

くつろぐ場所や、よくとどまる場所から、目線が抜ければより広く感じる住まいになります。

また、室内からの眺望や周囲からどうみえるか?といったことも一緒に確認しましょう。

室内からの目線

家の外からの目線

建築実例もご覧ください

セキスイハイムでお建ていただいたご入居者の建築実例、参考になる暮らし方がいろいろ。

詳しく見る


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.