セキスイハイムの平屋

セキスイハイムの
平屋実例3

お庭と愛犬のための
週末を楽しむリゾートハウス。

千葉県・Sさま
家族構成:ご主人・奥様

住まいのテーマは“カーサ・デ・ローサ”
(スペイン語:バラの家)。

普段は千葉市にお住いのS様ご夫婦。週末生活を満喫するための別荘として、グランツーユーの平屋を選ばれました。「こちらでは、奇麗なバラ創りに専念したかったので、住まいのテーマを“カーサ・デ・ローサ”にしたのです」とご主人。エクステリアは、回遊性と主張しすぎないナチュラル感にこだわったそう。

この別荘のもうひとつの大きな役割は、愛犬ピノ君の最上の遊び場にすること。寝室以外のすべての空間はタイル仕上げでひと続きにして、どこでも走りまわれるようになっています。大きなテラスもピノ君お気に入りの遊び場に。

開放感溢れる吹き抜けのリビングで、
ジャズを楽しむ。

リビングルームにはロフトが併設されているので天井が高くなっており、東側の大開口からは朝日がさんさんと降り注ぎます。「ここで5.1chのサラウンドシステムでジャズを聴きながらワインをたしなむひとときは最高ですね」とご主人。

シンプルなインテリアでまとめられた、眺望が開けるキッチン。「長い時間をこの場所で過ごすので、キッチンからの庭の眺めがとても気に入っています」と奥さまもお気に入りのご様子。

ホテルライクなデザインで非日常な時間を。

このお住まいはいわばプライベートリゾート。非日常的を味わうために内装はホテルライクに。ご夫婦が特にこだわられたのはシースルーで中庭が望めるお風呂場。「夜に窓を開ければまるで露天風呂のような気分が味わえるので、何度もお風呂に入りたくなりますね」。

LDKのタイルとテラスのタイルは同一素材。リビングからもダイニングからも裸足で出られる素敵な連続性は、まさにリゾート感覚です。

南側に設定した開放感たっぷりのサニタリー空間には、斬新なパターンのクロスが。奥さまのセンス豊かな決断力が光っています。