二世帯住宅調査DATA

二世帯の住まい方に関する調査・分析も行っている
セキスイハイムの研究機関「住環境研究所」が
リサーチしたイマドキ二世帯住宅のポイントを
データでご紹介します。

セキスイハイムでは、自社の調査研究機関「住環境研究所」を通じて、これまでさまざまな視点から二世帯の調査・研究をしてきました。その調査データの分析から生まれたのが、「隣居スタイル」というセキスイハイムオリジナルの二世帯住宅。

ここでは、これまでの調査からわかったちょっとしたポイントをわかりやすく編集してご案内いたします。詳細につきましては、各データのLINK先にデータがまとまっておりますので、ぜひご確認ください。

二世帯住宅を建築された
1,025邸の方々に聞きました。

「同居・二世帯住まいづくりと
暮らし満足度」調査から

ピックアップDATA.1

「同居家族との交流」
において、工夫したことは?

1

62%

家族全員がそろって
食事ができる場所を設けた

2

38%

一緒に過ごせる
リビングをつくった

3

34%

一緒に料理ができるよう
キッチンを広くとった

4

一緒に園芸が楽しめる
家庭菜園や花壇をつくった

5

花火や花見が楽しめる
屋上バルコニーを設けた

二世帯住宅をつくるにあたって、交流を重視した住まいづくりをした方々にお聞きしたところ、もっとも多かったのは家族みんながそろって食事ができるスペースでした。ダイニングだけではなく、ハレの場としてテラスなどに集まるというのも良いかもしれませんね。

ピックアップDATA.2

「世帯の独立性」
のキーポイントは?

各世帯で持った方が良い
空間・設備 TOP5

  1. 1位:
    トイレ
  2. 2位:
    洗面台
  3. 3位:
    キッチン、ミニキッチン
  4. 4位:
    冷蔵庫
  5. 5位:
    リビング、ダイニング、居間、
    茶の間

電気代を分担すると
二世帯満足度もUP!

電気料金の負担の仕方
二世帯住宅に
満足している人

47%

52%

二世帯住宅に
不満な人

65%

33%

  • どちらかが負担
  • 世帯別に負担

同居満足度が高い世帯ほど、空間や設備を世帯ごとに持つ傾向に。
中でも水まわりは、別々に持つほうが良さそうです。
また、電気代の支払いも、世帯別に負担すると、同居満足度が高くなるようです。

この調査の詳細をご紹介しています。

詳しくはこちらから

二世帯住宅を建築された
1,351邸の方々に聞きました。

「同居・二世帯の
住まいづくりと家計」調査から

ピックアップDATA.3

光熱費を分担するために
工夫って?

電気メーターを分けている

料金明細に基づいて決定

他の光熱費や
食費と合わせて月定額

電気メーターを分けた方が
家計負担の満足度は高い

電気代分担額の決め方別家計負担の満足度

電気メーターを
分けている

満足度:81%

料金明細に
基づいて決定

満足度:64%

他の光熱費や食費
と合わせて月定額

満足度:61%

電気メーターを分けやすい
間取りにしている

電気代分担額の決め方別間取りタイプ

電気メーターを分けている

80%

12%

8%

料金明細に基づいて決定

38%

55%

8%

他の光熱費や食費と合わせて月定額

19%

75%

8%

  • 浴室やキッチンが各世帯にある
  • 浴室は共有
  • その他

電気代分担額の決め方を「各世帯の電気メーター」を基にしている場合は、家計負担の満足度が高いようです。
電気メーターを分けている世帯は、浴室やキッチンが2つあり、そもそもメーターを分けやすい間取りになっていることがわかりました。
最初の計画時から、このあたりも織り込んでおくと、“失敗しない二世帯住宅”に一歩近づくでしょう。

ピックアップDATA.4

電気代など、徐々に子世帯負担
が増えることに注意を。

子世帯の電気代負担率

(%)

0%

5%

10%

15%

20%

25%

30%

35%

40%

親の年齢

65才
未満

65〜
69才

70〜
74才

75〜
79才

80才〜

12%

27%

37%

38%

36%

70歳を越えると
子の負担が
高止まり

いままで親も分担していた食費や光熱費。親の退職などにより、子供が支払わないといけない時が来ます。この調査では、親が70代に入ると子世帯は、40%近く負担している結果となりました。こうならないよう、光熱費のかからない住まいを、早くから検討しておきたいものです。

この調査の詳細をご紹介しています。

詳しくはこちらから