1年じゅう、昼も夜も太陽の力で暮らす家

太陽の力だけで、暮らしのすべてを自給自足する住まい、※1スマートパワーステーション100%Edition。買う電気に頼らない新しい暮らしをご紹介します。

スマートパワーステーション100%Edition
Scroll

テクノロジー

セキスイハイムが積み重ねてきた環境関連技術、そのすべてを結集

1997年以降、太陽の力で発電しクリーンな電力で生活を賄うエネルギー自給自足を目指してきたセキスイハイム。その技術の結集がついに完成。業界で初めて※2エネルギー自給自足率100%※1※3を達成しました。

24時間・365日、暮らしのすべてを太陽の力で快適に。

昼は、ソーラー発電した電気で自家消費。夜は、EVや蓄電池に貯めておいた電気で暮らす。一年中、買う電気に頼らない究極のクリーンな生活サイクルです。

スペック

エネルギー自給自足率100%※1※3を生み出すキーアイテム

最先端のスマートテクノロジーを結集させたエネルギー自給自足住宅。その鍵となる主なアイテムをご紹介します。

  • 大容量ソーラー(CISソーラー13.77kW/1プラン限定)
  • 蓄電池(京セラ製)12kWh※5※6※7
  • VtoH用EV(日産リーフ)30kWh※5※8※9
  • 快適エアリー全室空調(HEMS制御対応)
  • 高効率エコキュート(給湯保温効率4.0)
  • スマートハイム・ナビ(インター別途固定回線の常時接続が必要)
  • トリプルガラス樹脂サッシ

省エネ地域区分:5地域以南限定/延床面積:49坪(開口率23%程度、南面開口率66%程度、UA値0.51以下)

※1
自給自足率100%算定について次の内容で発生する買電量(電力会社から購入する電気)は含みません。①雨天や積雪時など太陽光発電量を消費電力量が上回る状態が数日間継続するような場合②蓄電池の運転状態確認のため、メンテナンスモード(年2回)動作が発生した場合③機器の初期性能値で算定しています。経年による太陽光発電の発電量低下、蓄電池・電気自動車の容量低下は考慮しておりません。④蓄電池及びVtoHシステムの放電時に系統への逆潮流防止のための一定量の買電量。
※2
住宅メーカー業界内で、量産ベースのスマートハウスにおいて、初めてエネルギー自給自足率100%を可能にしました。(2016年12月現在。当社調べ)
※3
UA値0.48/PV容量13.77kW(パワコン11.4kW)/快適エアリー(全室空調)/高効率エコキュート(給湯保温効率4.0)/蓄電池:12.0kWh/EV用パワーコンディショナ:グリーンモード使用/年間走行距離:0km(電気自動車が移動しない場合で試算)/EV:日産リーフ(30kWh)/建築地:愛知/延床面積:162.0m2/試算は2014年5月~2015年3月迄のスマートパワーステーションにお住まいのお客様のHEMS電力データ(384邸)の内一般地(5地域以南)・単世帯(5人以下)の年間消費電力量の中央値データ(2015年4月~2016年3月消費電力データ使用)及び気象庁の過去6年間の日照時間データの平均値に基づき試算した結果になります。年間消費電力量6000kWhを想定しています。
※4
当社試算による理論値。実際の自給自足日数はお客様の邸ごとの敷地条件・プラン・設備仕様・生活スタイル等よって変化します。
※5
運転モードは基本、グリーンモードとなります。
※6
通常の実使用量:10.8kWh
※7
停電時の蓄電池の出力は、2500W以下が目安です。
※8
通常の実使用量:24kWh
※9
電気自動車はセキスイハイムでは販売しておりません。
  • 商用電力と系統接続しなくても、試算上では電力は自給自足しますが、電力不安ゼロの観点、家電設備の品質保証上から、電力会社との契約が必須となります。システム上は系統接続をしないことを想定しておらず、保証対象外となります。
  • 生活スタイル等によっては自給自足率100%にならない場合がございます。

メリット

[Merit 1] 長期の停電でもほぼ普段通りの暮らし※11

日中に創ったエネルギーを蓄電できるようにするなど、各家庭で停電リスクへの備えを確保しておくことは今の時代において必要不可欠な住性能のひとつと言っても過言ではありません。

〈もしもの停電の場合〉
[一般のソーラー住宅] 日中のみ最低限の電力が使えます
[スマートパワーステーション 100%Editionなら] 長期の停電でもほぼ普段どおりの暮らし※11

[Merit 2] 「買う電気に頼らない」暮らしで、電気代上昇にも影響しない※12

家計に大きな影響を及ぼすさまざまな電力コスト上昇の課題も。建築時はもちろん先々までの安心のためには、できるだけエネルギーを自宅で自給自足できるスタイルにしておくことがベストな選択肢と言えます。

〈電力価格が上昇した場合〉
[一般のソーラー住宅] 電気代単価変動の影響を受けやすい
[スマートパワーステーション 100%Editionなら] 自給自足だから影響はほとんどない

暮らし

毎日の暮らしが、「太陽」に寄り添った自然体の暮らしへ

暮らしを太陽のリズムにフィットさせることで、「買う電力にお任せする」暮らしから、昼も夜もエネルギーを自らまかなう「クリーンなエネルギー自給自足」の毎日。そんな一日をのぞいてみましょう。

【1日の暮らしイメージ】
[7:00] 昨日貯めた電気で朝からちょうどいい温度でお目覚め
[10:00] 太陽の力で家じゅうの家電をフル活用
[13:00] 昼食の支度もクリーンな電力で気持ちよく
[16:00] 太陽の力を貯めた電気自動車でお買い物
[19:00] 夜の入浴も昼間に貯めた電気で快適に
[22:00] 夜の趣味のひとときも太陽の力で愉しむ
カタログのご請求はこちらから
上に戻る