賃貸併用住宅 状況に応じて、賃貸部分と自宅部分とをうまく使い分け

いつかは同居をお考えなら、相続税  評価額が80%減額の可能性のある 二世帯or賃貸併用住宅  に建て替え

状況に応じて、賃貸部分と自宅部分とをうまく使い分け

■住まい方の一例
入居時:まずは賃貸併用で、子世帯とは別居 しばらくは家族3人でがんばる 家賃収入のおかげで
ローン返済はラクラク
↓
10年後:二世帯同居から相続へ 父も母ももう高齢だし親孝行したい 子供たちが隣にいてくれて安心

参照プラン

プランのポイント:動線、視線を完全分離
PLAN DATA 建物床面積:1F床面積:93.49平米(28.3坪)
2F床面積:85.37平米(25.8坪)
延床面積:178.86平米(54.1坪)
オーナー部:100.93平米(30.5坪)
賃貸部:77.93平米(23.6坪)
賃貸部分間取り:メゾネット3LDK×1戸
太陽光発電システム:10.81kW 搭載可能

例えば、こんな方に、こんなメリット

  • 今すぐではないが、いずれはここで息子夫婦と同居したい。
  • 今すぐの同居にも将来の同居にも対応。
  • もうすぐ定年だが、この先年金だけで大丈夫だろうか?。
  • 同居前は賃貸併用住宅としてフル活用。家賃収入でローン返済を軽減できます。
  • 相続税って、土地で結構かかるって聞いたけど。
  • 二世帯で同居してから相続すれば、相続税を大幅に減額できます。
  • 共働きで大変だし、子供の面倒をできれば親にもみてもらえないかな。
  • 二世帯同居によって、親世帯は孫の成長を見守ることができ、子世帯も共働きしやすくなって世帯収入もアップします。
賃貸部分の家賃収入で、ローン返済はラクラク さらにBIGソーラーで収益UP
■ローン返済シミュレーション(自己資金0円として)※ このシミュレーションは、上記物件とは異なります。

※ 上記はシミュレーションとなります。実際の家賃を保証するものではありません。税金・諸費用等は含んでおりません。ご契約時には手付金が必要です。
詳しくは、営業担当者にお問い合わせください。

二世帯同居は相続の際、より有利に!
居住用宅地の適用対象面積330m²が8割減額に。

「小規模宅地等の特例」の適用対象面積が、240m²から330m²に拡充。
「親子で同居」などの条件をクリアしていれば、適用対象面積の相続税評価額が80%減額されます。

完全分離型の二世帯住宅も特例対象に。※

改正前までは、住宅内部で親子が行き来できる構造であることが、上記の特例の適用条件。
しかし改正後は、行き来できない完全分離型の構造であっても、同特例が認められます。

被相続人の遺産(例:子供2人が相続人の場合)の例
二世帯住宅カタログ
賃貸併用カタログ
他の土地活用を探してみる。
ご要望や敷地条件に応じた様々な土地活用方法をご紹介いたします。わが家の資産を守る安心して住み継ぐための土地活用ノウハウブック 今なら無料進呈中