おひさまハイム

カタログ請求

お近くの展示場

暮らし実例(非常時編)

電気自動車が大活躍 停電を乗り越えたVtoHeim邸の1日 台風21号編

2018年9月、近畿地方で記録的な暴風雨や高潮の被害をもたらした台風21号。和歌山県下は停電に見舞われ、不安と不便な生活を強いられました。セキスイハイムのVtoH邸にお住まいのN様に当時の様子を伺いました。

<和歌山県N様邸>
●SmartPowerStation FR (VtoHeim仕様)
●太陽光発電 10.39kW、電気自動車(日産リーフ。蓄電池容量30kWh)、スマートハイム・ナビ(HEMS)、快適エアリーを搭載。

2018年 9月4日

AM 7時ごろ いつも通りの朝AM 7時ごろ いつも通りの朝

ご主人はいつも通り出勤。電気自動車の充電は満タンを確認。

PM 12時ごろ 雨風が強くなってくるPM 12時ごろ 雨風が強くなってくる

和歌山市は午前11時台から暴風域に入り、午後1時19分に最大瞬間風速57.4mを記録。これは 1940年以来観測史上1位の規模。

充電残量 100%
PM 12時ごろ 停電が発生PM 12時ごろ 停電が発生

「自宅では警告音がピーピー鳴って<自立運転を開始しますか>とモニターに表示が出ていたので<はい>を押したら、瞬く間に電気がつきました。」

停電後すぐ電気がつく

TVニュースを見て、台風被害がスゴイことを知る。ご主人の会社は停電し、ご主人は自宅の奥さまに電話。「全然大丈夫」と聞いて安心。

充電残量 70%
利用した家電
PM 4時ごろ ご主人が無事自宅に帰還PM 4時ごろ ご主人が無事自宅に帰還

電気自動車充電スポットで電気を補充。蓄電池が満タンになった後、快適エアリー(セキスイハイムの全室空調システム)をONにする。

EVは満タンに
充電残量 100%
利用した家電
PM 5時ごろ 夕食の支度PM 5時ごろ 夕食の支度

「電気自動車の蓄電池の電気で、炊飯器やIHクッキングヒーター、電子レンジを使いいつも通りに料理ができました。」

フル調理ができた
充電残量 90%
利用した家電
PM 6時ごろ お風呂を沸かし、入浴。PM 6時ごろ お風呂を沸かし、入浴。

蓄電量を確かめると、全然余裕だったのでお風呂も2人順番に入り、ドライヤーも使って髪を乾かしました。」

充電残量を確認でき安心
充電残量 85%
利用した家電
PM 7時ごろ 夕飯、テレビを見るPM 7時ごろ 夕飯、テレビを見る

親せきや友人に電話すると、「TVが見れないので状況が分からない」「子どもが怖がって泣いている」「ごはんが作れない」「入浴ができない」などと聞く。

充電残量 80%
利用した家電
PM 10時ごろ 就寝PM 10時ごろ 就寝

暑かったので2階のエアコンを使用

充電残量 75%
利用した家電
5日 AM 5時30分ごろ 停電が解消5日 AM 5時30分ごろ 停電が解消

ちょうど太陽が昇るころに、停電が解消。

充電残量 35%
  • 電気自動車の放電下限値は車種により異なります。
    詳細は三菱電機(株)ホームページをご確認ください。
  • 使用できるスイッチ・コンセントは事前に設定したものに限られます。
  • 同時に使用できる電力には制限があります。

停電中を振り返って

台風被害による約1日間の停電中、Nさま邸では、調理・入浴・就寝時のエアコン使用など、ほぼいつも通りに電気が使えました。

奥様のコメント
停電が解消された時点で、蓄電池の充電残量は35%もありましたから、余裕で大丈夫でしたね。太陽が出てくると、また電気自動車に新たに充電されるので、もう何日か停電が続いても、わが家は生活できるんじゃないか、と思いました。
おひさまハイムの暮らしを
展示場に見に行ってみよう!
全国のセキスイハイム展示場一覧をチェックする
兵庫県(南西部)のセキスイハイム展示場一覧をチェックする