セキスイハイム®

家族で取り組む減災河田塾

家族で取り組む減災河田塾

突然の災害に備えて
どんな準備をしておけば
よいでしょう?

減災の提唱者 河田先生と一緒に考えましょう

PLAY

家庭の減災対策で、
重要な3つの取り組み

この「減災塾」では、過去の地震災害を教訓にして、重要な3つの取組み
「定期的なご家族の話し合い」「家の安全と被災生活の備え」「非常時のための行動体験」を紹介しています。

3つの取り組み

  • 家族の取り決め知識・情報の共有と確認

  • 家族の取り決め家の安全確認と被災生活の備え

  • 慌てず、迅速で的確な対応非常時の行動の訓練

「減災」を提唱する災害研究の第一人者河田惠昭 教授

京都大学名誉教授/関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授/工学博士/専門は防災・減災・縮災。日本政府や全国の自治体の減災対策を指導。国内はもとより、世界中から招聘を受け、年間200本以上の講演を行うなど、災害から1人でも多くの人を救うために活動されている。

災害発生時、家族がバラバラでも
パニックにならないために
「減災会議を開こう

家族会議について

PLAY

災害から家族を守るには
日頃から家族で話し合う習慣をつけることが大切です!

おすすめの本

いまなら「減災会議」で、ぜひご活用いただきたい冊子をセキスイハイムの展示場で
ご用意しています

  • 家庭で取り組む 河田教授の減災塾地震が来たらどうする?
    家族で話し合う減災会議ノート

    最悪の事態を想定して被害を最小限にする
    「減災」の取り組み方ノウハウ

  • その時あなたはどうする?愛する家族を地震から守る
    50の方法

    災害による被害を最小限に抑えるために、
    日々の備えなど幅広くご紹介

※1家族1セットまでとさせていただきます。

話し合うために必要な知識災害から身を守るためには
どうしたらよいでしょう?

家族会議Part1

住まいの危険チェックについて

PLAY

家族会議Part2「避難場所と経路の確認」動画はこちら

こちらの冊子を
ぜひご活用ください!

家族で、いつも確認して
おきたいポイント

家族で話し合って作る
チェックリスト

減災会議ノートには、
家族で話し合うべき
ポイントが
ギュッと詰まっています。

おすすめの本

いまなら「減災会議」で、ぜひご活用いただきたい冊子をセキスイハイムの展示場で
ご用意しています

  • 家庭で取り組む 河田教授の減災塾地震が来たらどうする?
    家族で話し合う減災会議ノート

  • その時あなたはどうする?愛する家族を地震から守る
    50の方法

※1家族1セットまでとさせていただきます。

セキスイハイムは
減災そして
縮災を目指します

災害による被害を最小限に抑える減災だけでなく、レジリエンス(回復力)に優れた縮災を実現する社会へ。
セキスイハイムは、安心して暮らせる住まいづくりによって、縮災社会の構築に取り組んでいます。