いろんなハイムに、「あったか」の輪。

実際にセキスイハイムを建てられた方に、インタビューしてみました。
みなさま、どんな「あったか」を感じていらっしゃるでしょうか。

  • ※下記のコメントは、あくまで入居者の方の個人的な感想です。商品の効果・効能を保証するものではありません。人それぞれの個人差がありますので、ご注意ください。

[京都府 Iさまの場合]『お風呂上りも、薄着で過ごせる。』

築30年の木造住宅、長年湿気のこもった寒さに悩んでおり、
とくに隙間風がひどくて、よくカゼをひいていました。
今は、起きて活動する時間帯はオールシーズン22℃。
あんなに寒かった冬が、信じられないほど快適に過ごせるように
なりました。朝はスッと起きられるし、パジャマのままで
お弁当づくりができるほど。お風呂上がりも薄着で過ごせて、
カゼをひかなくなりましたね。

[愛知県 Hさまの場合]『真冬の夜でも、厚着の必要がない。』

以前は、朝起きると室温が6~7℃まで
下がっていて、毎朝震えあがっていましたが
今では、真冬でも朝起きたら室温20℃で暖か。
家全体が暖かく、夜中に授乳するときも大助かり。
分厚いパジャマも毛布もいらなくなりました。

[埼玉県 Yさまの場合]『朝5時に起きても、家の隅々まで暖かい。』

以前は、夏は涼しいものの、冬になると石油ファンヒーター、
エアコン、ホットカーペット、こたつなどの暖房器具が
欠かせませんでした。寝る時も体が冷えて眠れず、
湯たんぽを使用。でも今は、朝5時に起きても
家のすみずみまで暖か。キッチンもぽかぽかしていて
朝食の準備が苦になりません。
湯たんぽも暖房器具もいらなくなり、その後処分しました。

[神奈川県 Oさまの場合]『朝すんなり、布団から出られる。』

実家は、真冬の室温が10℃以下も珍しくなく、
結婚後に入居したアパートも寒くて、
朝、布団から出られませんでした。
今は、とにかく暖かくて体がラクですね。
寒さによる緊張感がないし、
朝も寒くて布団から出られないということがなくなりました。
以前は随分パワーを使って起きてましたが(笑)。
同居の両親も、以前使っていた羽毛布団をやめて、
真冬も薄い毛布1枚です。


  • 入居者さまの実例をもっと見る
  • 入居者さまの暮らしをカタログで見る

ページトップへ戻る