プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

―毎日の利便性と災害時の安心を強化―
勾配屋根商品『新・ドマーニ』を発売

  • IoTの活用で子どもや高齢者でも全室空調システム「快適エアリー」を手軽に操作
  • 気象予報と連動する「蓄電池自動充電機能」をレジリエンス機能に追加し安心性が向上
  • 充実の外壁と開口のラインナップにより、多様な外観デザインを実現

2019年10月8日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:神𠮷 利幸)は、利便性と安心を強化した鉄骨系ユニット住宅『新・ドマーニ』を10月25日(金)より全国(北海道、沖縄および一部離島地域、並びに積雪地域を除く)で発売いたします。『ドマーニ』は1988年の発売以来、好評を頂いているセキスイハイムの勾配屋根のロングセラー商品です。

『新・ドマーニ』を中高額層の二世帯住宅を中心とした商品として位置付け、郊外エリアの建替え需要への対応強化を図ることを狙いとしています。

当社住宅カンパニーでは、環境問題及び社会課題の解決や盤石な経営基盤の構築を事業の成長力として位置付け、ESG経営を推進しています。このような考え方のもと『新・ドマーニ』の安心性を向上させるほか、利便性を強化、外壁ラインナップを拡充し、多様な世代のお客様のお好みに合わせたご提案をしてまいります。

『新・ドマーニ』の特長

1.IoTの活用で子どもや高齢者でも全室空調システム「快適エアリー」を手軽に操作

セキスイハイムのオリジナル全室空調システム「快適エアリー」の操作性を向上しました。これまでの壁付リモコンやスマートフォンからの操作に加えAIスピーカーに話しかけることでも操作が可能※1となり、子どもや高齢者でもより簡単に、手軽に操作ができるようになりました。さらに、浴槽へのお湯はりや、照明操作※2もAIスピーカーを使った音声操作が可能となり※1、日常の使い勝手や利便性が向上します。

2.気象予報と連動する「蓄電池自動充電機能」をレジリエンス機能に追加し安心性が向上

居住地が広範囲に点在し避難所も分散されてしまう地域では、災害が起きた際に公的支援を計画的に行うことが難しいといわれていることなどから、自宅のレジリエンス機能の強化が重要です。

『新・ドマーニ』では大雨、洪水や暴風などの気象警報のうち、お客様が設定された警報がお住まいの地域に発令された際、自動的に蓄電池への充電を開始する「蓄電池自動充電機能」を新たに導入し※3、レジリエンス機能をさらに強化しました。これにより、事前に複雑な蓄電池の操作をしなくても、停電発生時に蓄電残量が不足するリスクを軽減することができます。停電が起きた際も自動で太陽光発電システム(以下「PV」)や蓄電池からの給電に切り替わるため、高齢者や子どもしか家にいない時間帯でも安心です。

3.充実の外壁と開口のラインナップにより、多様な外観デザインを実現

深い彫りと陰影感が特長の「ジオマイト外壁」導入により、外壁ラインナップが全50種類(柄・色)に拡充。お好みに合わせた外観デザインをご提案します。さらに、構造体に負荷をかけることなく設置できる最大幅5m40cm※4の大開口により、庭と繋がる開放的な暮らしや邸宅感のあるデザインをご提案します。

『新・ドマーニ』発売の背景

当社は、2017年~2019年度の中期経営計画「SHIFT2019-Fusion-」の中で、住宅事業における戸建てシェアアップの施策の一つとして「価格帯別商品ラインナップの強化」を進めることとしています。

2017年4月にはボリュームゾーン向けに木質系ユニット住宅の『グランツーユーV』を発売、同年7月には鉄骨系ユニット住宅の『スマートパワーステーション GR』、2018年4月には新型『スマートパワーステーション FR』を発売。低~中価格帯の商品を強化してきました。2018年7月のセキスイハイム基幹商品である新型『パルフェ』の発売に続き、今回、『新・ドマーニ』を発売することで中~高価格帯商品における建替え受注の増加も狙います。

『新・ドマーニ』の特長

1.IoTの活用で子どもや高齢者でも全室空調システム「快適エアリー」を手軽に操作

IoTの活用で子どもや高齢者でも全室空調システム「快適エアリー」を手軽に操作

セキスイハイムのオリジナル全室空調システム「快適エアリー」の操作性を向上しました。これまでの壁付リモコン操作や、宅外からのスマートフォン操作に加えAIスピーカー※1に話しかけることで操作が可能となりました。これにより、子どもや高齢者でも手軽に操作ができます。

また、その他にも浴槽へのお湯はりや照明機器※2も音声操作が可能となりました※1。さらに、子どもの帰宅や宅配ボックスの着荷※2などをスマートフォンに通知する便利機能も導入し、日常での使い勝手や利便性も向上します※5

2.気象予報と連動する「蓄電池自動充電機能」をレジリエンス機能に追加し安心性が向上

居住地が広範囲に点在し避難所も分散されてしまう地域では、災害が起きた際に公的支援を計画的に行うことが難しいといわれていることから、自宅のレジリエンス機能の強化が重要です。

『新・ドマーニ』では大雨、洪水や暴風などの7種類の気象警報から、お客様が設定した警報がお住まいの地域に発令された際に、自動的に蓄電池に充電を開始する「蓄電池自動充電機能」を新たに導入し※3、レジリエンス機能を強化しました。これにより、事前に複雑な蓄電池の操作をしなくても、停電発生時に蓄電残量が不足するリスクを軽減することができます。

また、停電が発生すると、自動でPVや蓄電池からの電力供給に切り替わるため※6高齢者や子どものみが在宅している時に停電が起きても安心です。さらに、お客様のタブレットなどから、リアルタイムに蓄電池の放電が可能な時間の目安を確認できるため、残量を必要以上に気にすることなく安心して電力を使用することができます。さらに、日中PVが発電すると、余剰分を自動で蓄電池へ充電するため、停電が長期化した場合も安心して過ごしていただくことができます。

3.充実の外壁と開口のラインナップにより、多様な外観デザインを実現

ジオマイト外壁 最大幅5m40cmまで選択可能な開口

『新・ドマーニ』に、深い彫りと陰影感が特徴の「ジオマイト外壁」(8柄・2色、16種)を導入しました。これにより、全50種類(柄・色)の外壁ラインナップとなります。また、2色の組み合わせや異なる柄の組み合わせなどが可能です※7。豊富な色や柄から選択できる外壁と、最大幅5m40cm※4まで選択可能な開口を組み合わせることで、邸宅感のある外観デザインなど多様な外観をご提案します。

さらに構造体に負荷をかけることなく設置できる最大幅 5m40cm※4の大開口の採用で、庭で遊ぶお子さまを屋内から見守ることや、屋内と庭を使用したホームパーティーの開催なども可能です。庭と屋内が繋がる開放的な暮らしをご提案します。

販売目標

販売目標:年間260棟

外観

『新・ドマーニ』代表外観
  • ※各種機能を使用するには、スマートハイムナビの初期設定が必要になります。
  • ※1 : 対応可能なAIスピーカーの種類は制限があります。
  • ※2 : 対象の機種には制限があります。
  • ※3 : ニチコン株式会社製の4kWh、8kWhの蓄電池が対象です。余剰電力がある場合は、余剰電力を充電します。余剰電力が不足、または無い場合には、電力会社から電力を購入して充電します。
  • ※4 : 開口幅90cmから3m60cmの窓を2枚以上組み合わることで最大幅5m40cmになります。
  • ※5 : スマートフォン専用アプリ「スマートHEMSサービス」利用時。「スマートHEMS」はパナソニックグループの登録商標です。
  • ※6 : 停電時の消費電力の目安は1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。
  • ※7 : 異なる柄の組み合わせは、ラスティックタイルSとSラティスタイルの組み合わせとなります。
  • ※8 : 「トライブリッドパワコン」はニチコン株式会社の登録商標です。

このページの先頭へ