分譲住宅・不動産情報


プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

セキスイハイム誕生50周年記念商品シリーズ第3弾
パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』新発売
平屋住宅のニューノーマル対応強化と環境貢献拡大を目指す

ステイスタイル:キレイな空気とスマート強化で、快適・便利なニューノーマルの暮らしを実現

ワークスタイル:空間を有効活用する「スキップアップピット」により、快適な在宅ワークを実現

ZEH標準対応※1:大容量の太陽光発電システムと蓄電池により、グリーンな暮らしを実現

2021年4月22日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:神吉利幸)は、セキスイハイム誕生50周年記念商品として、ニューノーマル対応を強化したパルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』を2021年4月28日(水)より全国(北海道、沖縄および一部 離島地域、本州の多雪地域を除く)で発売します。

当社住宅カンパニーは、環境問題をはじめとした社会課題の解決や強固な経営基盤の構築を事業の成長力として位置づけ、「顧客価値」と「事業価値」の両立によるESG経営を推進しています。50周年を期に社会課題解決への貢献を拡大する記念プロジェクトを展開しており、先進・スマートの際立ち進化やレジリエンス、ニューノーマル対応を強化しています。

その一環として、パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』は、平屋住宅のニューノーマル対応強化や環境貢献拡大を図り、安心・快適で豊かな暮らしを実現します。

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』の特長

1.ステイスタイル:キレイな空気とスマート強化で、快適・便利なニューノーマルの暮らしを実現

ニューノーマルの暮らしにおいて重要となるキレイな空気と快適な温度を維持するため、独自の熱交換型第一種換気・空調システム「快適エアリー」を標準搭載。花粉や微粒子を99.9%除去する高性能3層フィルターにより、クリーンな空気環境を実現します※2

また、HEMS「スマートハイムナビ」により、住宅設備機器の遠隔操作を可能とします。AIスピーカー※3と連動して音声でお風呂の湯張りや照明の操作ができるほか、スマートフォン※3での来客対応が可能※4となるなど、在宅時間の利便性向上や家事の時短を図ります。

2.ワークスタイル:空間を有効活用する「スキップアップピット」により、快適な在宅ワークを実現

居住空間が限定されがちな平屋住宅でも快適な在宅ワーク空間を実現する「スキップアップピット」を採用します。小屋裏空間を縦に有効活用することで1.5階に確保した約3~4畳分のピットスペースは、家族の気配を感じながらも仕事に集中できるセミオープンな在宅ワーク空間として活用することが可能です。ピットの下は、災害への備蓄もできる大型収納やペットのためのスペースとして有効活用できます。

3.ZEH標準対応※1:大容量の太陽光発電システムと蓄電池により、グリーンな暮らしを実現

フラット屋根を活用した大容量の太陽光発電システム(以下PV)と、高気密・高断熱躯体により『ZEH』に標準対応します※1。従来よりも出力を3%向上したPVを採用し、約25坪でも一般住宅の約2倍のPV容量(9.45kW)を搭載可能※5としました。大容量蓄電池との併用により、一年間に使う総消費電力量の大半(冬季を除く晴天時)を太陽光で賄うことができます(自給自足率約70%※6)。停電時の安心と可能な限り自然エネルギーを活用するグリーンな暮らしを実現し、地球環境への貢献を拡大します。

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』発売の背景

セキスイハイムは今年で誕生50周年を迎えます。当社は、1971年に工場生産による高品質で量産対応を可能とした鉄骨ユニット住宅の発売を開始して以降、量的課題の解決、品質・性能の向上、環境問題など、常に住社会の課題解決を目指し住宅事業を展開してきました。

現在は、カーボンニュートラルの実現や頻発化、激甚化する自然災害への対応、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うニューノーマル対応などが喫緊の課題となっています。これらの社会課題解決に貢献するため、セキスイハイム誕生50周年記念プロジェクトとして、ZEH比率90%達成に向けた先進・スマートの進化や、レジリエンス、ニューノーマル対応の強化に取り組んでいます。

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』は、このプロジェクトの一環として、平屋住宅におけるニューノーマル対応の強化や環境貢献の拡大を目指す商品です。近年、平屋住宅は、世帯人数の減少や1フロアで生活できる居住性、地震に対する安心感などにより消費者の関心が高まっており、コロナ禍においても平屋住宅の需要は伸長しています。今後もニーズが高まると見込まれることから新商品により差別化を図り、安心・快適で地球環境にやさしい住宅の普及を拡大していきます。

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』の特長

1.ステイスタイル:キレイな空気とスマート強化で、快適・便利なニューノーマルの暮らしを実現

① 独自の換気・空調システム「快適エアリー」により、キレイな空気・快適温度を維持

ニューノーマルの暮らしにおいては、室内のこまめな換気が不可欠です。パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』は、高い品質管理のもと工場生産される高気密・高断熱の躯体性能をベースに、熱交換型第一種換気・空調システム「快適エアリー」を採用しています。機械により給気・排気をコントロールする第一種換気方式と、有害物質の侵入を抑制する高性能3層フィルターにより、花粉や0.5μm以上の微粒子を99.9%除去したクリーンな空気が家じゅうに循環します※2。また、天井埋込型空気清浄機との併用により、「スマートハイムナビ」で室内空気のニオイ、PM2.5、ハウスダストをグラフとして「見える化」しているため、安心して生活することができます。

さらに、冬場は床下から家全体に暖かな空気を循環させ、居室と廊下や脱衣所、トイレなど非居室の温度差を少なくすることで、寒さを軽減し、家じゅう快適に過ごすことができます。適切な換気による感染リスクの軽減だけでなく、快適な在宅時間の実現を目指します。

▲キレイな空気を家じゅうに循環させる「快適エアリー」
▲スマートハイムナビで空気の清浄度を見える化

② IoTを活用したスマート機器により、長期化する在宅時間の利便性向上と家事の時短を実現

住宅設備機器を音声やスマートフォンでコントロールできる「スマートハイムナビ」を標準搭載し、利便性の向上と家事のサポートを実現します。AIスピーカー※3に話しかけることで、お風呂の湯張りや空調・照明の操作が可能です。また、来客や宅配ボックスへの着荷などがスマートフォン※3に通知され、在宅ワーク中でも室内を移動することなく対応できます※4。さらに、外出中でも空調・照明の操作やインターホン対応、お子様の帰宅通知などの受け取りが可能です。その他、ウィルスなどの有害物質を部屋の中へ持ち込まないようにするプラン・設備(帰宅後すぐに手洗いができる間取り等)により感染リスクを低減させ、安心した生活を実現します。

2.ワークスタイル:空間を有効活用する「スキップアップピット」により、快適な在宅ワークを実現

平屋住宅は2階建てと比べて居住空間が限定される傾向にあります。パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』は、限られた居住面積でも快適な在宅ワーク空間や大型収納を実現する「スキップアップピット」を採用します。小屋裏空間を縦に有効活用することにより、約3~4畳分のピットスペースを1.5階に確保することができます。

ピットの上部はフロア高さが変わることにより、家族の気配を感じながらも仕事に集中できるセミオープンな在宅ワーク空間やリラックススペースとして活用。ピットの下部は、災害への備蓄もできる大型収納やペットのためのスペースとして有効活用することができます。

▲フラットな空間に高さと幅の広がりを生み出す「スキップアップピット」
▲空間を縦に有効活用

3.ZEH標準対応※1:大容量の太陽光発電システムと蓄電池により、グリーンな暮らしを実現

ニューノーマルにおける在宅時間の長期化により増加しがちな電気代の負担軽減のため、住宅の省エネルギー化が重要になっています。

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』は、フラット屋根を活用した大容量PVと高気密・高断熱躯体により『ZEH』に標準対応します※1。従来よりも出力を3%向上したPVの採用により、約25坪でも一般住宅の約2倍のPV容量(9.45kW)を搭載可能としました※5。また、独自の基礎断熱と高性能グラスウールを充填した天井により、ZEHの外皮平均熱貫流率(UA値)の基準を約25%上回る高断熱化を実現し※7、快適性の向上と光熱費の削減に貢献します。

さらに、一般的な住宅の約2倍※8となる12kWhの大容量蓄電池との併用により、一年間に使う総消費電力量の大半(冬季を除く晴天時)を太陽光で賄うことができ、エネルギー自給自足率約70%※6を達成しました。停電時の安心と可能な限り自然エネルギーを活用するグリーンな暮らしを実現し、地球環境への貢献を拡大します。

▲大容量PVと大容量蓄電池で実現するグリーンな暮らし

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』プラン例

◎建物延床面積 108.79㎡(32.9坪)
◎主な仕様 太陽光発電システム(9.76kW)、蓄電池(12kWh)、UA値:0.48W/㎡K

パルフェ-bjスタイル平屋『STAY&WORKモデル』の外観イメージ

▲パルフェ-bjスタイル平屋STAY&WORKモデル

販売目標

販売目標 年間100棟
※1 ZEHのうち、Nearly ZEH、ZEH Orientedを除く、再生可能エネルギーを含んだエネルギー削減率が100%以上の『ZEH』。経済産業省 資源エネルギー庁・一般社団法人 環境共生イニシアチブの定めるZEH支援事業に基づく。補助金の対象要件とは異なる場合があります。必ず補助金を受けられるわけではありません。建築地や間取り・仕様等の条件によっては対象外となる場合があります。
※2 第一種換気システムでは、室内に入った微粒子の捕集はできません。呼吸器系疾患など特に健康の心配のある方は空気清浄機との併用をおすすめします。フィルターのメンテナンスは2、3カ月に1度、プレフィルターに掃除機をかける程度です。除塵フィルター、NO2フィルターは性能を確保するために5年に1度(目安)の交換が必要(有償)です。花粉症・呼吸器疾患などの治療や改善を目的とするものではありません。
花粉:大気塵10μm以上(花粉粒径)、微粒子:大気塵0.5μm(0.3~1.0μmの平均値)以上の捕集率測定結果(東レ㈱調べ)。捕集率はお引渡し時のフィルター初期性能を示しています(東レ㈱調べ)。
※3 対象の機器・対応のAIスピーカー、スマートフォンには制限があります。本体費用とは別途費用がかかる場合があります。事前に専用アプリのダウンロードと設定が必要です。また、AIスピーカーとスマートフォンは別途、お客様に手配いただく必要があります。
※4 対象のインターホン・玄関錠・宅配ボックスには制限があります。インターネット固定回線のご契約が必要です。また、機種により有線LAN接続のためのルーター/HUB/LANケーブル、または無線LAN(Wi-Fi)環境の準備が必要です。事前に専用アプリのダウンロードと設定が必要です。本体費用とは別途費用がかかる場合があります。
※5 床面積:総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」より 一戸建の延床面積126.63㎡(2018年)
PV容量:資源エネルギー庁 再生可能エネルギー設備導入状況(2020年3月末時点)住宅用PVの新規認定容量と件数から算出。新規認定分691.3万kW/1,477,974件=平均4.67kW/邸
間取りによって搭載量は異なります。
※6 自給自足率(%)=(自家消費電力量(kWh)+蓄電池放電電力量(kWh))/総消費電力量(kWh)
当社HEMSデータとSIMより時間別の自家消費量、放電量、消費量から年間の自給率を算定。
【試算条件】
・延床面積82㎡、PV9.45kW、蓄電池12kWh(グリーンモード)
・年間エネルギー消費量 約7,200kWh(HEMSデータに基づく、中部エリア、延床面積80㎡台平屋の実邸17邸の中央値)
冬季(12月~2月)とは気象学的な区分によるものとし、晴天時とは気象庁HPより「晴れ」、「快晴」の日を指すものとする。
※7 モデルプラン(延床面積81.47㎡、PV9.45kW)にて算出。地域区分4~7地域におけるUA値のZEH基準0.6 W/㎡Kに対し、設計値0.45W/㎡K。
※8 経済産業省 資源エネルギー庁・一般社団法人環境共創イニシアチブ「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業調査発表会2019」を基に、最も出荷量が多い蓄電容量から算出。

このページの先頭へ