MENU

考え方

部屋の広がりをタテ方向に演出すると、隣接するスペースにも光を届けることができます。吹き抜けや階段は、小さい家(コンパクトな間取り)にとって、採光を得るための重要な空間。つなげ方を工夫して、より広く使えるように考えてみましょう。

参考プラン図(間取り図)

リビングとダイニングの間仕切りにもなる「リビング内階段」が、暗くなりがちな家のセンター部分に光を採り入れる役割を担います。階段を上ると、2Fの集いの間となるファミリーライブラリーも。

  • 敷地面積:130.90m²(39.59坪)
  • 延床面積:108.73m²
  • 1階面積:61.42m²
  • 2階面積:47.31m²

このプラン図面は、下記写真の間取りとは異なりますので、ご留意ください。

リビング内階段とつなげる

吹き抜け

小さな吹き抜けと一緒になった階段は、上がるたびにワクワク。スケルトン構造の軽やかな存在感が空間のアクセントにも。

仕切り

階段をリビングと客間の間に配した間取り。2階の光でフロアを明るくしつつ、間仕切りの役割も果たします。

階段と壁面の一部を木材で統一。暖かな雰囲気にできるだけでなく、より立体的な空間演出を実現しています。

吹き抜けとつなげる

リビング

大開口の窓が印象的な、ゆとりあるリビング。2階の高窓に差し込む光が、吹き抜けを介して、フロアを明るく照らします。

段差

ダイニングにステップをつけ、さらに吹き抜けもプラス。縦方向の色を統一することで、空間を立体的に広く見せられます。

吹き抜けの壁に小さなステップを取り付けて、愛猫が落ち着ける場に。リビングのアクセントとしても活かせます。

ダイニング

傾斜天井につながる吹き抜けが、開放感をもたらすダイニングキッチン。人が集まっても、狭さを感じさせません。

2Fリビング

明るいプライベートなリビングにこだわるなら、吹き抜けを中心とする回遊動線上に2Fリビングを設けるのも一手です。

スキップフロアとつなげる

一時置きスペース

タテ空間を贅沢に使うなら、1・2Fの間にスキップフロアを。下を収納やおこもり空間にして、多層的に活用できます。

学習スペース

上下階からアクセスできるスキップフロアは、みんなが自然に集まるスペース。家族の会話も増えそうです。

趣味スペース

1階からしかアクセスできないので、ちょっとこもるのに最適。みんなが好きな時に使えるのも魅力です。

いまどきの間取り&インテリア
カタログセット
差し上げます!

スタイリングブック

スタイリングブック

理想のインテリアを実現しょう!

いまどき家族のPLAN BOOK

いまどき家族のPLAN BOOK

テーマ別・間取り作成ヒント集

うちそとテラス

うちそとテラス

テラスを活かした半屋外空間

あなただけの間取り(プラン)図を
つくってみませんか?

注文住宅の
間取り(プラン)作成サービス