• TOP
  • 家とクルマの新しい関係
  • 暮らしのメリット
  • VtoHeim Q&A
  • TOP
  • 家とクルマの新しい関係
  • 暮らしのメリット
  • VtoHeim Q&A
住まいと、クルマと、太陽と。新しい住まいのカタチ。はじまる。

家とクルマの新しい関係 家とクルマがつながる生活 ひと昔前までは、家の屋根は雨露をしのぐため、クルマは移動のためだけのものでした。ところが、今ではどちらも進化をとげ、屋根はソーラーを載せた大きな発電装置、クルマは電気をためる蓄電池に。そのおかげで“Vehicle to Home(VtoH住宅)”という新しい住宅が生まれたのです。

Refrigerator
IH Cooking Heater
Microwave Oven
Electric Vehicle

家とクルマの新しい関係VtoHaimについて

これまでの電気自動車連携(VtoH)システムにはない、大きな安心と利便性をプラス
VtoHとは >

電気自動車(EV)のバッテリーにためたエネルギーを、家庭用電力として利用てきるシステムのこと。「Vehicle to Home」の略。「V2H」と表記されることもあります。

人にも、地球にも、未来にも。もっと優しい住まいを目指して。

セキスイハイムはクリーンエネルギーで快適に暮らせる家を実現するため、ソーラー住宅建設の実績を重ねてきました。
VtoHeim。それは、電気自動車とソーラー住宅を自由につなぐ、「エネルギーの自給自足」に向けた新しい住まいのかたち。VtoHeimのエッセンスをまとめた動画をご覧いただけます。
家とクルマの新しい関係VtoHeimの特徴

2つのVtoHeim

暮らしのメリット<環境メリット>

暮らしのメリット<経済メリット>

1年間でトータル約47万円もの節約に!

  • 1年間でトータル約47万円もの節約に!  1/2
  • 1年間でトータル約47万円もの節約に!  2/2

暮らしのメリット<安心メリット>

端末ひとつで、ラクして効率的に省エネ。

Easy Life

Easy Life

発電量や電気自動車の充電量など家じゅうの電力情報を見える化

入居者サポートWEB「スマートハイムFAN」で省エネ達成度や設備機器チェックまで、しっかりアシスト!

プラグインハイブリッド車(PHEV)も連携可能に。経済性と環境性に優れた暮らし。

PHEVとは?

ガソリンを使うPHEVうでも、年間トータル約48万円の節約に!

電気自動車との暮らしが広がる、家族がもっと安心になる。

Large - capacity Solor

EV Power Conditioner

Storage Battery

Electric Vehicle

VtoHeim Q&A