• TOP
  • 家とクルマの新しい関係
  • 暮らしのメリット
  • VtoHeim Q&A
  • TOP
  • 家とクルマの新しい関係
  • 暮らしのメリット
  • VtoHeim Q&A
住まいと、クルマと、太陽と。新しい住まいのカタチ。はじまる。

家とクルマの新しい関係 家とクルマがつながる生活 ひと昔前までは、家の屋根は雨露をしのぐため、クルマは移動のためだけのものでした。ところが、今ではどちらも進化をとげ、屋根はソーラーを載せた大きな発電装置、クルマは電気をためる蓄電池に。そのおかげで“Vehicle to Home(VtoH住宅)”という新しい住宅が生まれたのです。

Refrigerator
IH Cooking Heater
Microwave Oven
Electric Vehicle

創エネ・省エネ・蓄エネの進化系、新「VtoHeimシステム」家庭用として初めて、ソーラー発電、商用電力、そして電気自動車の3つの電源を連携させた新しいスマートハウスが誕生しました。

創エネ 屋根いっぱいに敷き詰めた世界No.1の「大容量ソーラー」
省エネ コンサルティング型HEMS 「スマートハイム・ナビ」
畜エネ 大容量ソーラーと電気自動車を賢くつなぐ「EV用パワーコンディショナ」

家とクルマの新しい関係VtoHaimについて

これまでの電気自動車連携(VtoH)システムにはない、大きな安心と利便性をプラス
VtoHとは >

電気自動車(EV)のバッテリーにためたエネルギーを、家庭用電力として利用てきるシステムのこと。「Vehicle to Home」の略。「V2H」と表記されることもあります。

人にも、地球にも、未来にも。もっと優しい住まいを目指して。

セキスイハイムはクリーンエネルギーで快適に暮らせる家を実現するため、ソーラー住宅建設の実績を重ねてきました。
VtoHeim。それは、電気自動車とソーラー住宅を自由につなぐ、「エネルギーの自給自足」に向けた新しい住まいのかたち。VtoHeimのエッセンスをまとめた動画をご覧いただけます。
家とクルマの新しい関係VtoHeimの特徴

2つのVtoHeim

暮らしのメリット<環境メリット>

  • エネルギー自給率最大80%。

暮らしのメリット<経済メリット>

1年間でトータル約47万円もの節約に!

光熱費約43万円削減!
  • 1年間でトータル約47万円もの節約に!  1/2
自動車燃料費 約4万円削減!
  • 1年間でトータル約47万円もの節約に!  2/2

暮らしのメリット<安心メリット>

  • 大容量の電気自動車バッテリー。IHコンロやエアコンも利用OK

端末ひとつで、ラクして効率的に省エネ。

Easy Life

Easy Life

発電量や電気自動車の充電量など家じゅうの電力情報を見える化

入居者サポートWEB「スマートハイムFAN」で省エネ達成度や設備機器チェックまで、しっかりアシスト!

プラグインハイブリッド車(PHEV)も連携可能に。経済性と環境性に優れた暮らし。

PHEVとは?

ガソリンを使うPHEVうでも、年間トータル約48万円の節約に!

電気自動車との暮らしが広がる、家族がもっと安心になる。

Large - capacity Solor

EV Power Conditioner

Storage Battery

Electric Vehicle

VtoHeim Q&A

VtoHeimシステムには、どんな機器が必要ですか?
屋外にEVパワーコンディショナ本体、屋内に操作リモコンを設置します。また、「太陽光発電システム」と「スマートハイム・ナビ」(HEMS)と連携させます。
利用可能な車種は?
日産自動車「LEAF」に対応しています※。(2014年4月現在)※「LEAF」は日産自動車株式会社の登録商標です。※車種・年代によってはソフトウェアの書き換えが必要な場合があります。お近くの自動車販売店にお問い合わせください。
電力会社と特別な契約が必要ですか?
VtoHeimシステムの利用にあたっての特別な契約は必要ありません。ただし接続する車種・車体を限定するための届出が必要になる場合があります。また、電力契約容量は10kVA以下にしていただくなど、電力契約容量が制限される場合があります。電力会社によって対応が異なりますので、詳細は営業担当までお問い合わせください。
EVパワーコンディショナの設置条件はありますか?
電気自動車に充電ケーブル(7m)が届く位置で、約1,865mm×1,350mmのスペースが必要になります。温度環境については、年間気温が-10℃~+40℃の範囲の地域となります※。また、直射日光のあたる場所は極力避けてください。積雪地域、寒冷地、海岸からの距離が近く、塩害が想定される地域では設置ができません。詳細は営業担当にお問い合わせください。
  • VtoHeim Q&A  1/2
ソーラー電力、電気自動車、電力会社。3つの電源をどう使い分けるのですか?
目的別に、3つのモードをご用意しています。
メンテナンスは必要ですか?保証期間は?
EVパワーコンディショナの保証期間は10年間です。その間に、本体内部のバックアップ用電池を交換しますが、無償で対応いたします。(10年経過後は有償にてメンテナンスいたします。)
  • VtoHeim Q&A  2/2