未来基準の家

2030年のスタンダードを先取りし、高い断熱性と先進の省エネ&創エネ設備でエネルギーの自給自足を可能に。さらに、毎日の健康や万が一の災害などによる停電にも考慮した設備仕様で、ずっと安心・快適な暮らしを支える“一歩先行く”未来基準の住まいです。

いま、日本が目指す2030年の住まい「ZEH(ゼッチ)※ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」

1)日本の住まいはどんどん進化しています。

2)2030年までに「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を実現。

3)ZEHには補助金が交付されます。

ZEHの家を建てるには?:ZEHのポイントは断熱・省エネ・創エネの3つです!

ZEHの家で暮らすと、何が変わる?:お財布と地球にやさしい暮らしが待っています!

ZEHを達成する住まいとは?

△ページの最上段へ

未来基準の暮らし、もう始まっています!

未来基準の暮らし(1)断熱:高い断熱性で、快適に。:セキスイハイムの断熱性は、国が定める省エネルギー基準と比べて30%以上も高性能。断熱性が高くなると、少しの暖房でも暖まりやすい住まいになるため、冬場でも快適に暮らせます。さらに、光熱費の抑制も期待できます。

未来基準の暮らし(2)省エネ:スマートハイム・ナビで設備と家電を賢くサポートして省エネ!:スマートハイム・ナビ(HEMS)は、住まいの消費電力が自宅のパソコン等で“見える化”できるシステムです。照明などの設備の省エネはもちろん、家電の使用電力も合わせて節約ポイントをしっかり把握できるため、今までよりも的確&ラクに省エネが実践できます。

未来基準の暮らし(3)創エネ:セキスイハイムが発電データを見守っています。:ZEH達成に不可欠なのが、太陽光発電システム。屋根の上のパネルが、しっかり働いてくれているか、セキスイハイムは発電データを見守っています。過去のデータや周辺の実績から著しく低下している場合には、セキスイハイムからお客様に通知し、ご相談の上点検等を行います。

△ページの最上段へ

ZEHを達成する住まいをご紹介:断熱・省エネ・創エネを叶える先進の設備仕様を標準採用した、セキスイハイム。お客様のご要望にあわせてZEHを達成する間取りをご提案します。

△ページの最上段へ

セキスイハイムは、ZEHの一歩先を行く暮らしをご提案しています。

+快適:省エネで、かつ、快適な暮らしが自然と叶います。:省エネを追求していくと、快適性がおろそかになりがち。セキスイハイムでは「ZEHを達成しながら、快適な住まい」を目指します。一年中快適に過ごせる快適エアリーは、空気がきれいで、温度が心地よい暮らしをご提供します。

快適エアリー:セキスイハイムならではの独自の快適空調システム。冬場は足元から家全体をじんわりあたため、夏場はカラッと除湿、さらに気流感を感じないさわやかな温度に整えます。

+蓄エネ:さらに、ZEHの一歩先を行く「エネルギー自給自足の電気を買わない暮らし」を目指します。:セキスイハイムでは、「発電量-消費量≦ゼロ」を達成するZEHのさらに一歩先、「電気を買わない暮らし=エネルギー自給自足の暮らし」をご提案しています。蓄電池を設置することで、電力を貯めて、必要な時に取り出して使う暮らしが可能になります。もちろん、災害などによる非常時にも安心です。

△ページの最上段へ