分譲住宅・不動産情報

セキスイハイムが目指す、
住まいの“レジリエンス”

想定外といわれる規模の自然災害が繰り返し発生する昨今、事前に備えておくことが重要です。
日本政府は2030年の住まいとしてレジリエンス(縮災)を強化した住宅を推奨しています。
セキスイハイムは、レジリエンスを高める3つの安心をご提供します。

RESI-1 地震への強さ

工場生産による
強靭な躯体が家族を守る

地震への強さ

ユニット工法の強さ

柱と梁を溶接し、一体化したユニットを積み重ねる
ボックスラーメン構造体が、圧倒的な強さを実現します。

実大耐震実験

実大サイズの建物に東日本大震災タイプの1.75倍規模の振動を加えた実験でも、セキスイハイムの構造体は著しい損傷はありませんでした。※1

RESI-2 エネルギーの強さ

暮らしを成立させる
ライフラインを確保

エネルギーの強さ

エネルギー自給自足型

ソーラーや蓄電池を使った電力の確保に加え、
水や移動手段も確保※2できるから、被災時も安心。

在宅避難

停電や断水が続いても電気や飲料水を確保しておけるから※2、自宅で過ごす「在宅避難」という選択が可能です。

RESI-3 サポートの強さ

永く住み続けられる建物に
適したサポート体制

サポートの強さ

アフターサポート

非常時も、「セキスイファミエス」と連携し、
全社一体となりサポートを行います。

オーナーズ保険

万が一災害で被害が発生したら、セキスイハイムが連動して対応。災害後の不安を減らすお手伝いをします。

※1:東日本大震災タイプ(防災科学技術研究所 水戸観測地点)…規模1.75倍 計測震度相当6.57(震度7) あくまで実験の結果であり、プラン・建築地・地震のタイプなどの条件により、揺れ方は異なります。※2:停電時の消費電力の目安は1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。停電時において、EV蓄電池残量が、自動車メーカーの設定している放電下限値(車種により異なる)を下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)や、EVでの移動ができなくなります。その場合もPV発電分を充電もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。「飲料水貯留システム」は設置の可否について事前に自治体の指導の確認が必要です。4日以上水を使用しなかった場合は、貯留水の水質が低下している恐れがありますので、システムが設置された水栓の使用を再開する際には、最初の70リットルを飲用以外にご使用いただく必要があります。最初の70リットルを飲料水とする場合は、煮沸が必要です。

ライフラインの確保

停電時に、
電気が使える安心

自然災害による、長期間の停電リスクに対し、電力の備えが重要です。
セキスイハイムは、自宅で発電し、貯めた電力を中心に暮らすエネルギー自給自足型の暮らしを推奨します。
「買う電力」になるべく頼らないから停電時も自宅で電力を使えます。※3

自宅のエリアで気象警報発令…
停電に備えて蓄電池に自動的に充電!※4
自宅のエリアで気象警報発令…停電に備えて蓄電池に自動的に充電!
停電時は蓄電池の放電可能時間が
確認できて安心

万一の停電発生時には、放電可能時間をリアルタイムで表示。電力利用を計画的に行うことができ安心です。

停電時は蓄電池の放電可能時間が確認できて安心
※画面はイメージです。

※3:停電時の消費電力の目安は、1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。停電時において、EV蓄電池残量が、自動車メーカーの設定している放電下限値(車種により異なる)を下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)や、EVでの移動ができなくなります。その場合もPV発電分を充電もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。※4:ニチコン製4kWhと8kWhの蓄電池が対象です。また、事前に設定が必要です。停電が早期発生した場合等により、満タンまで充電されない場合がございます。余剰電力がある場合は余剰電力を活用し、充電します。余剰電力がない場合は電力会社から購入した電力を充電します。

災害時の、
断水やガソリン不足にも
備える

自宅に「飲料水貯留システム」※6や、自宅で充電して使用できる電気自動車※11を導入することで、
被災時も、飲料水や移動手段といったライフラインを確保できます。※10

基礎の内部に「飲料水貯留システム」を設置しておくことで24ℓの飲料水が確保できます。※6

4人家族3日分の飲料水

エコキュートのタンク内から、約370ℓの水を取り出せるので、断水時にもトイレを流すことができ、安心です。

約370ℓの生活用水

蓄電池と電気自動車があれば、停電時に発電した電力を両方に貯めることができるので※9、電気自動車で出かけているときも自宅で電力使用が可能です。※10

蓄電池と電気自動車でダブルの安心蓄電池と電気自動車でダブルの安心

※5:災害時に1日1人当たり最低限必要な飲料・料理水量=2リットル(飲料水1リットル、調理水1リットル)。農林水産省「食料の家庭備蓄をめぐる状況」の備蓄目安より当社算定。※6:飲料水貯留システムは、オプション仕様です。4日以上水を使用しなかった場合は、貯留水の水質が低下している恐れがありますので、システムが設置された水栓の使用を再開する際には、最初の70リットルを飲用以外にご使用いただく必要があります。 最初の70リットルを飲料水とする場合は、煮沸が必要です。また、設置の可否について事前に自治体の指導の確認が必要です。※7:エコキュートの容量により異なります。エコキュートは、370リットルタイプ、460リットルタイプをご用意しております。※8:飲料水として使用することはできません。※9:発電量により異なります。※10:停電時の消費電力の目安は、1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。また、生命に関わる機器など(医療機器など)やエレベーターとは接続できません。※11:対応車種には制限があります。また、当社では自動車の販売は行っておりません、お客様にご用意いただく必要があります。停電時において、EV蓄電池残量が自動車メーカーが設定している放電下限値(車種により異なる)を下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)や、EVでの移動、EVに充電することができなくなります。

災害が発生しても、
慌てない。
「在宅避難」が叶う家

大きな災害後には、避難所において、最適な避難環境が整わないことも。
また、避難所にはペットを連れて入れないなどの問題もあります。だから、災害後も「在宅避難」ができる家づくりをご提案します。

※停電時の消費電力の目安は、1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。また、生命に関わる機器など(医療機器など)やエレベーターとは接続できません。

お客様の声

2018年・台風24号による停電時蓄電池稼働実例 豊橋市M様邸

事前にセキスイハイムから停電に備えるメールが届いたんです

停電の約7時間前にセキスイハイムから「台風に備えた太陽光発電・蓄電池システムの使い方」というメールが届きました。内容は、『停電時に使えるコンセントの位置をご確認ください』とか『蓄電池の電気を普段よりも残す設定』といった停電への対処法。実に親切なサポートだと感じました。
おかげで停電のおよそ28時間、不便なことはありませんでした。照明や冷蔵庫はもちろん、テレビやパソコン、ドライヤーも使えましたし、エコキュートのお湯でシャワーも浴びられたんです。
今回の停電で、災害後も普段通りの生活が送れる家の重要さを痛感しました。そのためには、ソーラーだけでなく、蓄電池も必須だと確信しています。

セキスイハイムは、
“減災”、そして
“縮災”を目指します。

災害による被害を
最小限に抑える“減災”だけでなく、
レジリエンス(回復力)に優れた“縮災”
を実現する社会へ。

セキスイハイムは、
安心して暮らせる住まいづくりによって、
“縮災”社会の構築に取り組んでいます。

もっと詳しく知りたい方には
カタログセット
差し上げます!

スマートハイム

スマートハイム

スマートハイムがパワーアップ!
省エネ・便利・安心な住まいを紹介

レジリエンス読本

レジリエンス読本

これからの住まいに求められる
エネルギー自給自足型の暮らし

heimism性能カタログ

heimism性能カタログ

世代を超えて快適な生活をかなえる
住性能についてわかりやすく紹介

あなただけの間取り(プラン)図を
つくってみませんか?

注文住宅の
間取り(プラン)作成サービス