プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

太陽光発電搭載住宅20万棟達成記念
『おひさまハイムキャンペーン』を全国で開催

  • 経済性、環境性と災害時の安心を両立させるエネルギー自給自足の暮らしをご提供
  • エネルギー自給自足を目指す暮らしをより多くのお客様にご提案

2019年4月23日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:神𠮷利幸)は、2019年4月26日(金)より9月30日(月)まで、『おひさまハイムキャンペーン~ようこそ、おひさまファクトリーへ!~』(以下「おひさまハイムキャンペーン」)を全国(沖縄および一部離島地域を除く)で実施します。

当社住宅カンパニーでは、ESG 経営※1を推進することで、環境問題及び社会課題の解決、盤石な経営基盤の構築に取り組み、これらを事業の成長力として位置付けています。このような考え方のもと、住宅からのCO2排出量削減への取り組みとして1997年から発売を開始した太陽光発電システム(以下「PV」)の搭載住宅は、累計20万棟※2に達しました。

今年の『おひさまハイムキャンペーン』では、エネルギー自給自足を目指す住宅のさらなる普及に向け、PV・定置型大容量リチウムイオン蓄電池「e-Pocket(イーポケット)(以下「蓄電池」)の魅力発信をさらに強化します。

『おひさまハイムキャンペーン』の概要

1.経済性、環境性と災害時の安心を両立させるエネルギー自給自足の暮らしをご提供

4月27日から全国で発売を開始する「スマートパワーステーションアーバン」により、ラインアップをさらに充実させ、PV、蓄電池、コンサルティング型ホーム・エネルギー・マネジメント・システム「スマートハイム・ナビ」(以下「HEMS」)を搭載した住まいの魅力について、昨年に引き続き『おひさまのチカラ』をキーワードとしてお伝えします。

昨年は、日常のエネルギーをPVで『つくる』・蓄電池で『ためる』・HEMSで制御して『つかう』ことで、スマートハイムの快適なエネルギー自給自足の暮らしの実現をメインに発信しました。今年はこれらに加え、近年急増している自然災害時の暮らしの備えに対し、セキスイハイムが推奨する、PV、蓄電池、HEMSによるエネルギーの自給自足を目指した住宅の安心を、特設WEBサイトにて発信、テレビコマーシャル(以下「TVCM」)では PV・蓄電池を視覚的にイメージ訴求します。

『おひさまハイムキャンペーン』特設WEBサイト: www.sekisuiheim.com/ohisama/

(4月26日公開予定)

2.エネルギー自給自足の暮らしを目指す暮らしをより多くのお客様にご提案

今回の『おひさまハイムキャンペーン』では、PV搭載住宅20万棟達成を記念して、「スマートパワーステーション」シリーズをご契約いただく場合、キャンペーン価格にてご提供します※3

なお今月発売の「スマートパワーステーションアーバン」はPV、蓄電池、HEMSを標準搭載した高コストパフォーマンスなエネルギー自給自足を目指す住宅です。

ようこそ、おひさまファクトリーへ!おひさまハイム

『おひさまハイムキャンペーン』実施の背景

2015年に『パリ協定』が採択され、日本は2030年までに2013年比で26%のCO2を削減することを世界に約束しました。しかしながら実際にはCO2排出量は増加しており、近年のゲリラ豪雨の増加や台風の大型化にも地球温暖化が影響していると言われています。特に昨年は自然災害や、それに伴う大規模停電が多発した一年でした。

当社は1997年からPVの搭載を開始し、PV搭載住宅は累計20万棟に達しています。また、2011年からは当社独自のHEMS、2013年からは蓄電池、2014年からは住宅と電気自動車を繋ぐV2Hシステムの搭載を進めています。その後はPV・蓄電池の大容量化を図り、当社住宅カンパニーが推進するESG経営の考え方に基づき、環境にやさしく、災害による停電にも備えることができるエネルギー自給自足の暮らしの実現、普及に向けて取り組んでいます。今回の『おひさまハイムキャンペーン』により、このような当社の取り組みをより一層お客様に周知し、エネルギー自給自足型住宅の販売を強化していきます。

『おひさまハイムキャンペーン』の概要

1.経済性、環境性と災害時の安心を両立させるエネルギー自給自足の暮らしをご提供

PV、蓄電池を搭載した住まいの魅力を、昨年好評だった「おひさまのチカラ」という言葉でわかりやすく発信します。日常のエネルギーをPVで『つくる』・蓄電池で『ためる』・HEMSで制御して快適に『つかう』ことを、TVCMや特設WEBサイトにて発信、イメージ訴求を行います。

また、以下3つのポイントについて特設WEBサイトにて紹介すると共に、全国の住宅展示場では営業担当者が分かりやすく説明し、PV、蓄電池の魅力発信を強化します。

①家計がお得
PVで作った電力を蓄電池に貯めることで、光熱費を抑え経済的に暮らすことができます。さらに電気自動車と連系させることで、日常ではできるだけ電力会社から電気を購入しない暮らしが可能です。
②エコで快適
2011 年の導入時より蓄積しているHEMSデータを活用し、エネルギーの使い方に対するコンサルティングや、当社独自の技術で蓄電池や全室空調システムを制御します。これらの技術により、エコと快適さの両立を実現しています。
③万が一でも安心
PVと蓄電池を搭載した住宅では、エネルギー自給自足に近い暮らしが可能となり、自然災害による停電時にも、通常とほぼ同様の生活をしていただくことができます※4。2018年に多発した停電時においても、その有効性が実証されています※5

『おひさまハイムキャンペーン』特設WEBサイト: www.sekisuiheim.com/ohisama/

(4月26日公開予定)

2.エネルギー自給自足の暮らしを目指す暮らしをより多くのお客様にご提案

4月27日発売の「スマートパワーステーションアーバン」ではPV、蓄電池、HEMSを標準搭載し、エネルギー自給自足を目指す住宅でありながらも、高いコストパフォーマンスを実現しています。環境にやさしく、経済性と災害時の安心を両立させた住宅です。

さらに、PVのメリットをより多くお客様にご提供するため、太陽光パネルの発電容量を向上させ、限られた屋根面積でも従来以上の発電を可能としました※6

今回、キャンペーン期間中に「スマートパワーステーションアーバン」を含む、「スマートパワーステーション」シリーズをご契約いただく場合、キャンペーン価格にてご提供します。

詳しいキャンペーン価格の条件につきましては、セキスイハイムの各販売会社にお問い合わせください。【一般のお客様のお問い合わせ先】0120-369-816

キャンペーン告知ポスター
  • ※1 : 「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governance(企業統治)」の3つの頭文字をとったものです。
  • ※2 : 2018年12月末日時点(自社調べ)
  • ※3 : 詳細な条件等につきましては、お住まいのエリアのセキスイハイム販売会社にお問い合わせください。
  • ※4 : 停電時の消費電力の目安は1.5kW(100V)の為、住宅内で利用できる家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。また事前に計画したコンセント・スイッチでのみ電力が使用可能です。
  • ※5 : 2019年2月25日発表「長期停電時におけるセキスイハイムの蓄電システムの稼働状況について」より。
    https://www.sekisuiheim.com/info/press/20190225.html
  • ※6 : 一部対象外の商品があります。

このページの先頭へ